しらす漁見学に行ってきました。

先週、泉大津商工会議所さんの勉強会「しらす漁見学」に参加させていただきました。

本来は会社の代表者役員の方が参加する勉強会なのですが、釣り好きな私のことを知っている社長が「こんな機会がないから」と勧めてくれました^^

当日はあいにくの天気で、見上げるとどんより曇り空。
午前6時ころ、岸和田漁港から回収船に乗船、すでに出発して漁をしていたしらす漁漁船に乗り換え後、
いよいよ漁見学がスタートです。
先ず、船内の機械(魚群探知機など)を見させてもらいました。
その後、30分ほど船尾で待機。

slproImg_201610061851054.jpg
待ってる間、普段は見えない角度から自分が住む街を眺めていました。
(余談ですが、ふと、堺からりんくう・・・泉州国際市民マラソンってあんなに距離があるんか!?と改めて42.195kmの長さを目のあたりにしました。)
そして、「そろそろアミを上げます」と声をかけていただき、船頭へワクワクと移動!
時は来た!とばかりに漁師の方たちがアミを上げていきます!

slproImg_201610061853251.jpg

slproImg_201610061853240.jpg

slproImg_201610061851079.jpg

slproImg_201610061853252.jpg

このお風呂のような入れ物に、しらすが入れられ、直ぐに氷で〆られます。

slproImg_201610061853264.jpg

〆たしらすはその場で出荷の準備がされ、

thumbnail.jpg

次々と回収船へしらすが積み込まれます。
回収船へ引き渡すと漁船は次の漁へ、無駄のない動き。カッコイイですo^^o

slproImg_201610061853265.jpg

回収船により港へ(同時に私たちも回収されます)

slproImg_201610061853277.jpg

slproimg_201610061853288

回収船より港へ引き上げられたしらすたちは、その場でセリにかけられ、トラックへ乗せられていきます。

新鮮なうちに、新鮮なものを。釣り上げられてから、売れていくまでの流れがスムーズすぎて感動しました。

 

今回、本当に貴重な体験をさせていただきました。
泉大津商工会議所さま、関係者のみなさま、ありがとうございました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です